小澤 祐介(おざわ ゆうすけ)

メンタルブロック解除セラピスト
サイコセラピスト(心理療法家)
心理カウンセラー・コーチ
行政書士

1981年 茨城県生まれ。

大学在学中に行政書士試験に合格後、卒業を待たずに行政書士小澤法務事務所を設立し、学業の傍ら、行政書士としての活動を始める。

開業当初より不倫、離婚、セクハラ、パワハラ、相続、悪徳商法被害などの相談、及びそれらに伴う書類作成、手続き業務を行う。

が、その日々の中で私自身がクライアントのネガティブな状況や想念をまるで自分の事として、まともに受け続けてしまう様になる・・・。

そうした状況が積もり積もって、眠れない、思考がまとまらない、イライラや不安などの感情をコントロールできない、自分の今の感情が分からなくなるといった心身の不調を皮切りに、人に対する不信感、恐怖心、気疲れ、恐怖や不信感からくる怒り、他人の目が気になる、人を目の前にすると頭が真っ白になり言葉が出てこなくなる、人の目を見るのが苦痛などの症状に悩まされるようになる。

その症状を無理に抑えつけたり、何でもないふりを装うほど、より状態がエスカレートしていく。更には、他の人は上手くいっているのに自分は・・・と、他人と自分を比較してしまう様になって、頑張るほど空回りし、そこからの自己否定、自己嫌悪、焦りも加わるようになる。

一番酷かった時には、人と接していなくても、想像するだけでネガティブな気持ちになったり、悪い想像ばかりしてしまったり、単に街中を歩いたり、人が多くいる様な場所(カフェなど)にいるだけでも肩に力が入った緊張状態が続き、家に帰るとドッと疲れるなどの状況に陥る。

(今思えば、元々、人と自然に接するのが苦手、人の目を見て話すのが苦手、人からどう思われてるかを気にし過ぎてしまうなどの生まれ持った気質があったのも要因ではありました)

ここまで来てようやく「何とかしなければ」と真剣に思い始める。

自分自身の心のケアとしてカウンセリングやセラピー巡りをし、自分の身に起きた一連の問題を解決する為に、怪しいものだろうが怪しくないものだろうが「自分の状態を改善する方法」「状況を変える方法」であればどんなものでも試す日々が始まる。

受けてきたものは、科学的なエビデンスに基づくメンタルカウンセリングや心理療法をはじめ、理論では説明できないが(つまりエビデンスはないが)精神世界やスピリチュアルなどの実践的効果のある様々なワークまで、多岐に及ぶ。

これが、カウンセリングや心理療法だけでなく、精神世界に深く踏み込んだ知識やスピリチュアルワークまで、そして更には効果のあるものやなかったものまで、広く触れるきっかけとなる。

その中で、大きな効果を実感できた幾つかの手法を本格的に学んだのを皮切りに、心理セラピーやスピリチュアルワーク等の境なく、状況を変えるのに必要だと感じた手法なら何でも学ぶ日々が続く。

(私が行う相談で、理論的なカウンセリングやサイコセラピーと、スピリチュアルワークなどの精神世界に関する方法の両面からアプローチを行うのは、私自身のそうした経験によるものです)

セラピストとしては、より効果の出る方法を模索しながら、以前の自分と同じ様な、

『辛いけど、医療的な診断や症状からはこぼれ落ちる、または医学的な分類では正確に現状を把握するには足りない、必ずしも明確にはできないが確実に存在する悩みを抱えて辛い思いをしている』

そんな方向けに「顕在意識と潜在意識の不一致を解消する事で悩みや問題を解消し、目標達成や願望実現させるセッション」を行い始める。

セッション経験を重ねるに連れて、ご相談者個人の気質や今置かれている状況、悩みのタイプに合わせて、理論的な心理セラピーとスピリチュアル的ワークの両面からアプローチする方法がより有効だと気が付く。

そこから更にセッションを重ね、悩みの解消からの確実な目標達成にも有効なアプローチ方法を徐々に練り上げていく。

その後、今まで身につけてきた様々な方法を3つのカテゴリーに分類分けし、それらを各ご相談者さんに最適化させて実施する方法をまとめる。

このセッションにより、あなたに本来備わる「あなたならではの根源的な大きな力」を、顕在意識と潜在意識の力を一致させる事で解き放たせ、様々な悩みの解消や、そこからの目標達成、願望実現の後押しを日々行っている。

相談者さんからは「公務員のような固い印象だったけど、実際はフランクで、穏やかな語り口も安心できた」「話しやすく、説明も分かり易い」「これまで誰にも話せなかった事を自然と話せる」等の評価を貰う。

他のセラピーやノウハウなどでは効果が無かった方に、顕在意識と潜在意識の両面からのアプローチによる方法で確実な変化を起こし、その効果をしっかり持続させる心理療法家。

頑張るほど上手くいかない、願った事と逆の事が起きる、ネガティブな事ばかりが実現してしまうといった諸現象を、エビデンスに基づくセラピー(療法)と、一見捉え所のないスピリチュアルワークの両側から紐解き、解消させる顕在意識と潜在意識の専門家。

 

セラピストとしての信条

問題を解消する、状況を変革する「最善の答えと、そのパワー」は常にあなたの中にある。

あなた本来の力が取り戻される事により、ベストな形で勝手に、悩みは悩みでなくなり、問題は問題でなくなっていく。

目標達成・願望実現は、その結果として『無理なく自然体で』実現する。

こんな不思議な姿勢をとりながらも、あなたの潜在意識を『本来のより良い状態』に変えていき、それを顕在意識の力と統合し『1つの大きな力』にまとめる事で、『根本からの変化』を、これ以上の試行錯誤や頑張りなしで、半自動的に出していく。

あなたの顕在意識と潜在意識にダイレクトにアプローチし、障害となっている潜在意識の中の信念をダイレクトに書き換え、メンタルブロックを確実に外していくのは、あくまでそのプロセスに過ぎず、小手先の変化だけで一喜一憂し、それに惑わされて道を見失わない様、常に全体を見据えながら相談を進めていきます。

 

セラピストとしての行動理念

私は、おしゃべりを知識だと、沈黙を無知だと、愛情を技巧だと考えている人々との関係を断つ。

これは、詩人 ハリール・ジブラーンの言葉です。この言葉によって表されている考えは大変素晴らしいと思います。

しかし、私はこの言葉を絶対的に正しいものとしてご紹介したい訳ではありません。

と言うのも、専門家としてご相談をお受けする以上、様々な内容のお話を伺う事になります。

そうしたお話を「世間の一般常識」に代表される、限定された特定の価値観に基づいて「あんたはこうなのよ!」と判断してしまう事に何の価値もありません。(常識とやらも所詮は価値観の中の一つに過ぎませんからね)

ご相談者さんの可能性や未来を潰してしまわない様(往々にして、常識やら社会通念やらによって個人の可能性が消されてしまいますので)、何にも染まらず、フラットな状態で内容を捉えていく為の心構えとしてこの言葉を心に刻んでいます。

知行合一

王陽明による陽明学の命題の1つ。ザックリ説明すると、本当の知は実践を伴うものである、という意味です。

顕在意識と潜在意識を一致させていく事で半ば自動的に悩みが解消していく私の相談サービスを表す、大変いい言葉だなと思っています。

 

私の肩書について

私プロフィールには、メンタルブロック解除セラピスト、心理カウンセラー、サイコセラピスト、コーチ、行政書士などと様々な記載があります。

「ある時はセラピスト、ある時はカウンセラー」という訳ではないんですが、私自身がこれまでに学んできて「有効だ」と実感した手法に関して、あくまで、それらを総合的に扱える人間としての意味合いで肩書きを載せています。

この相談(相談で行っていく手法)自体が、ブロック解除ワーク、カウンセリング、コーチング、サイコセラピー、アファメーション、ヒーリングワーク等々、様々なものが自然と統合されていったものなので、特定の肩書きだけで表現する事が難しいんですね。

実施する相談において、あなたの気質や状況に応じて、使うスキルや行うワークが違う為に(これがオーダーメイド式と謳っている所以です)、特定の既存の肩書きだけでは私が行っている活動内容を正確に表す事ができないんです。

多くの肩書を載せている理由はそれ位で、正直、それ以上の深い意味はなく、実際、私自身も普段はセラピストまたはカウンセラーと名乗る場合がほとんどです。

Copyright © 小澤祐介.com All Rights Reserved.